RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
基本情報
パラオ共和国 Republic of Palau


時 差
日本と同じ。グアムは1時間早くなる。
ビ ザ
30日以内の観光であれば不要。
言 語
英語 パラオ語
通 貨
USドル
両 替
ホテルや銀行で可能だがレートが悪いので事前に日本やグアムで両替していた方がいいですよ。
カード
レストラン・ホテルでは使用可。
出国税
20USドル
環境税
コロール州ではダイビング許可証として15ドル必要。ペリリュー州、バベルダオブ州では別途。
電 圧
110V、60Hz

水道水は飲まない方が無難ですよ。

日本の免許証でOK!右側交通です。レンタカーは日本車ばかりですけど…。
チップ
ポーター・ルームサービスは各1ドルが相場
電 話
市内通話は無料、公衆電話は25セントホテルによっては若干手数料を取るところもあり。
気 候
平均気温27.2℃ 海洋性熱帯気候
服 装
Tシャツ、短パン、ワンピースでOK!
持ち物帽子、薄手の長袖シャツ、日焼け止め、サングラスは必須。パーカーもボート移動中に必要かも…。
グッズシグナルフロートの携行が義務付けられているダイブコンピューターも持っていた方が良いですね 。

喫 煙 パラオまでの機内は全席禁煙!!グアム空港内の15〜17番ゲートの間にあるKANTON LANGET BARが唯一の喫煙場所です。

author:viralfoot, category:基本の基本, 19:57
comments(0), -, pookmark